ハーブ(Herbal tea)専門店 乳がん(breast cancer)の説明

スポンサーリンク

有限会社 百華茶苑  【ハーブティー健康茶専門店】
H O M E 商 品 一 覧 名 称 索 引 英 名 索 引 学 名 索 引 会 社 案 内 参 考 文 献 問い合わせ
ご購入方法 ご 質 問 集 お客様の声 販売について 産 地 一 覧 用 語 集 基 礎 知 識 サイトマップ

ホルモンバランスが大切です スポンサーリンク
母乳・・・子を育てるため乳房から分泌する白色で不透明の液体
妊娠・・・出産までの状態に合わせたハーブの紹介
葉酸・・・赤ちゃんの健全な発育や血液を造る働きをしている
子宮・・・子宮の疾患や【がん】などについて
ダイエット・・・健康や美容、肥満の防止や解消のため
糖尿病・・・慢性の高血糖状態を来す代謝疾患です
水虫・・・足に生じる白癬菌感染症で、全白癬患者の65%

  サイト内の関連するページと広告

主要五大がん がん全般 (肺がん胃がん、乳がん、子宮がん大腸がん
乳がん(breast cancer)
概  要 ・乳汁を分泌する乳腺小葉上皮、あるいは乳管までの通り道である乳管の上皮が悪性化した
 ものであり、近年の日本人女性の悪性腫瘍のなかでは最も頻度の高いものとなっています。
・非浸潤性乳管がん
 乳管内、あるいは小葉内にとどまっていて血管やリンパ管に浸潤していなくて予後は良好。
・浸潤がん
 血管やリンパ管から全身への血流にのり、リンパ節、骨、肺、肝臓、脳などに転移する。
・パジェット病
 特殊な乳がんとして乳頭や乳輪の湿疹状のただれを症状とする。予後は非浸潤がんと同様に良好。
・炎症性乳がん
 乳房全体が炎症状に腫脹し、すみやかに全身への転移を起こす極めて予後不良のがん。
原  因 ・遺伝的要因による危険因子
 親族に乳がん罹患者がいる。過去に乳頭腫や線維腺腫などを発症した。
・出産を経験なし、授乳経験が少ないなども要因になる。
 乳がんの発生の母地となる乳腺が、萎縮せずに長期間存在する。
 卵胞ホルモンであるエストロゲンの関与が発がんや増殖、転移に関係しており、経口のホルモン薬も
 長期にわたって服用すると発がん率が上がる可能性がある。
・近年の乳がんの急増は、未知の要因が多く関係しているものと思われます。
症  状 ・90%以上は痛みを伴わない乳房腫瘤です。患者さんは自分で腫瘤を触れることができます。
・乳頭からの分泌物は、血液が混じったものが多い傾向。乳頭や乳輪のただれを症状とするものがある。
・骨や肺に転移して手術不能の状態になって初めて病院を受診する例もあります。
 初期症状で専門医の診察を受けるかどうかで患者さんの運命は大きく変わる

女性が気になる症状・病気 スポンサーリンク

PMS(生理前症候群)・・・Premenstrual Syndromeの略です
生理痛(月経困難症)・・・月経時に下腹部痛、腰痛などの疼痛
更年期障害・・・加齢に伴う卵巣機能の低下による諸症状
子宮・・・子宮の疾患や【がん】などについて
膀胱炎・・・細菌が膀胱内に侵入し炎症を起こす
便秘・・・糞便が腸管にとどまり排便に困難を伴う
生活習慣病・・・食、運動、喫煙、飲酒に関与する疾患

乳がん
検  査 ・診断は視触診が基本です。しかし、これらの理学的診察法は担当医の経験や患者さんの体型により、
 大いに精度が左右されます。
・乳房X線撮影(マンモグラフィ)
 X線撮影で腫瘍の陰影や石灰化など典型的な所見があれば、乳がんが強く疑われます。
・超音波検査
 特徴のある不整形の腫瘤像が認められれば乳がんが疑われますが、典型的な所見を示さない
 乳がんもあるので、理学的診断や画像診断のみに頼るのは危険があります。
・顕微鏡的検査
 乳がんの疑いが濃厚の場合、細胞診、針生検などを行います。細胞診は腫瘤を注射針で刺して細胞を
 注射針内に吸引する。
穿刺吸引細胞診
 乳頭分泌物を直接プレパラートに付けて、顕微鏡で観察して良性か悪性かを推定する診断法。
 容易なので乳がんの診断に広く用いられるが、正確な診断には熟練を要し、誤判定の可能性がある。
・針生検
 特殊な針を用いて腫瘤から組織を一部採取し、病理組織診断を行う。細胞診よりは正確さで勝りますが、
 正確に腫瘤を穿刺しないと組織が得られません。乳頭腫のような良性と悪性との境界病変、
 非浸潤がん、浸潤がんかの区別や良性か悪性かの診断がついても、病変の広がりは判別できない。
・造影CT
 乳がんがの範囲、リンパ節、肺、肝臓などへの転移を調べる。
・MRI
 一方の乳腺しか検査できなかったり、偽陽性の所見がかなりあることから、診断には経験が必要。
・乳管内視鏡検査
 消化管の内視鏡検査ほどの有用な情報は得られません。
・腫瘍マーカー、骨シンチグラム
 全身転移を検査する方法もありますが、以前ほどは重視されなくなりました。
 これらの検査が陽性であれば、すでに全身転移が起こっていることを意味します。
治  療 ・進行していなければ乳房の温存療法も可能です。乳房の部分切除、腋窩リンパ節の郭清、放射線照射、
 薬物治療(抗がん薬、内分泌療法薬)を組み合わせた集学的治療です。
・乳がん組織のホルモン受容体
 陽性なら、内分泌療法をメインにします。
 陰性の場合やリンパ節転移がある場合、腫瘍の組織学的悪性度が高い場合は、抗がん薬治療。
 閉経前の患者さんは受容体陰性でグレードが高いことが多いので、抗がん薬治療が行われることが多い
 傾向にあります。閉経後の患者さんでは内分泌療法が有効であることが多いようです。
・多発腫瘤や、乳腺内に広汎に広がった場合は、非定型的乳房切断術を行います。
 転移している乳がんであれば、まず薬物治療を行い、有効な症例については手術を行うことがある。
 末期の場合は、根治的治療の対象とはなりません。
・乳がんは術後5年以上経過してからの再発もめずらしくないので、治療成績は10年生存率で計算する。
予  防 ・乳腺の専門医がいて病理医が常勤し、放射線治療まで可能な総合病院にて定期診断を受ける。
ガン保険 ・現在のがん治療は、医療技術の発達もあり、治る率も高くなってきています。
 手術後の回復も早く、術後2週間程度で退院、その後は通院での治療というケースも増えています。
 通院での治療がメインとなると、この部分に対応していない保険では保障されないこととなります。
 体にメスをいれないことで回復が早くなる重粒子線治療などの先進医療に対応していないがん保険では、
 治療の選択ができません。抗がん剤への対応。術後、がんの再発・転移などを抑えるため抗がん剤の
 投与をするケースは多いのですが、この負担は大きく長期間にわたるケースも多くなっています。
・現在のがん保険を選ぶ場合は、診断・手術・入院の3点セットに加えて、通院、先進治療、
 抗がん剤治療への対応が不可欠です。
・女性特有のガンでは、後遺症に対する二次的な治療や再発への予防など長期にわたる治療が
 継続することがあります。こうした長期にわたる治療期間が子育ての時期と重なる可能性もあり、
 家事・育児をしながら向き合っていく必要がある場合もあります。
ハーブ ※がん予防に良いとされるハーブ
エキナセア・・・抗がん、治癒力強化、インフルエンザ、ウイルス感染、エイズ、ウイルス性肝炎ヘルペス
キャッツクロー・・・抗がん、腫瘍抑制、ウイルス性肝炎肝機能障害リウマチ気管支喘息疲労回復
紫イペ・・・がん予防、糖尿病リウマチ、関節炎、各種疾患の痛み、アトピー貧血
桑黄・・・免疫力低下、がん予防、多汗症、更年期障害
霊芝・・・がん予防、免疫力強化、治癒力増強、自律神経失調症、循環機能改善、不眠、肝臓疾患、
カバノアナタケ・・・がん予防、インフルエンザ、エイズ、糖尿病、病気予防、血圧
アガリクス・・・がん予防、自律神経失調症 、生理不順、更年期障害アレルギー症動脈硬化
ハーブティー薬草データベース 【Herbal Database】

広告

著者のブログの紹介
薪ストーブの苦楽 薪ストーブ生活の良さ、楽しさ更に大変なところなど紹介
半坪菜園 畳一枚分(半坪)の大きなプランターのような畑を作り栽培している
年輪・木目の木工 廃棄される樹木の年輪・木目を活かした木工
ハーブ・薬草とは オリジナル画像を使用してわかりやすくまとめたブログ
著作者の木工作品を委託販売しているサイト
  Creema   iichi   minne   tetote

ハーブティー専門店【百華茶苑】 目的別商品〔ハーブ、薬草〕
ダイエット 女性・妊婦 ストレス アレルギー 冷え性 耳鼻・咽喉 血 圧
糖 尿 男 性 目〔老化〕 歯・口腔衛生 感染防止 オリジナル ペット用

ハーブティー専門店【百華茶苑】 オリジナルブレンド〔ハーブ、薬草〕
A-1(ダイエット) A-2(美 肌) A-3(アレルギー) A-4(病気予防) A-5(糖 尿)
B-1(血 圧) B-2(不 眠) B-3(女性ホルモン) B-4(眼精疲労) B-5(蓄膿・歯周病)

ハーブを調べるには、役立つ索引です
 名 称 索 引 ・英 名 索 引 ・学 名 索 引 ・用 語 集
 ハーブ栽培記録・・・・・ガーデニングで栽培し育てた記録の一覧表。

百華茶苑の蓄積した資料  ハーブティー薬草データベースハーブティー薬草データベース

ハーブティー専門店【百華茶苑】福岡県春日市
Copynghted (c) 2005 Hyakka-Saen.Co.Ltd All Rights Reserved