ハーブハティー・薬草の基礎知識 ハーブティー健康茶専門店(百華茶苑)

スポンサーリンク
有限会社 百華茶苑  【ハーブティー健康茶専門店】
H O M E 商 品 一 覧 名 称 索 引 英 名 索 引 学 名 索 引 会 社 案 内 参 考 文 献 問い合わせ
ご購入方法 ご 質 問 集 お客様の声 販売について 産 地 一 覧 用 語 集 基 礎 知 識 サイトマップ

ハーブハティー・薬草の基礎知識


機能障害は予防が重要です スポンサーリンク
脳卒中・・・脳血管障害といいます。中風とも呼ばれる。
高血圧・・・最高血圧140mmHg以上、最低血圧90mmHg以上
肝臓機能障害・・・肝炎・肝硬変に進行する可能性がある
動脈硬化・・・動脈が老化し、弾力性が失われて硬くなる
自律神経失調症・・・原因不明の自律神経系の不定愁訴
滋養強壮・・・栄養補給と健康的にして、強い体を作る
心筋梗塞・・・冠動脈が閉塞すると心筋は壊死に陥る


サイト内の関連するページと広告

ハーブティーは、安全な優良食品
・ハーブティー〔Herbal tea〕は、人々が古代から、長期保存ができて効能・効果がある薬草を現代に]
 伝えてきた大切な贈り物です。
・現代の薬の60%は、薬草から発見された成分が基になっていると言われます。
・生活の中にこれらハーブティー〔Herbal tea〕を取り入れることは、有意義だと思います。
・食の安全が問題になっている中で、ハーブティーは保存料・防腐剤・殺菌剤・着色料等の添加物を
 使用せずに利用できる極めて安全な食品です。
・先人の知恵と工夫により受け継がれた保存乾燥技術が生かされたハーブティーの良さを見直しましょう。
ハーブと漢方は同じ
・ハーブ〔Herb〕や漢方は、ほとんどが薬草が原料になりその種類は世界中に2〜3万種以上あります。
 未発見の人類に有益なハーブ・薬草を研究者が世界各地でを探しています。
・世界各地で効能のある薬草は当然ハーブティー〔Herbal tea〕として利用されて来たので、使用方法や
 適応の違いはありますが各国で同じ様に利用されています。
・ハーブ・漢方を区別して考える必要はありません。自分の体に必要と思われるものを選び
 飲用することが大切です。
・百華茶苑は、メディカルハーブの考え方で多くのお客様に理解していただきたいと思っております。
ハーブティーをメディカルハーブ〔Medical Herb〕として
・ヨーロッパのハーバリスト〔Herbalist〕がハーブ〔Herb〕を処方するためには、国家試験に
 合格しなければなりません。ハーバリストは、多くのハーブを人々の医療に役立てております。
・医薬品に準ずるハーブを、病気などに使用する植物療法の考え方がメディカルハーブの原点です。
 日本では、食品扱いになっておりますが、外国では、医薬品登録がされているものも数多くあります。
 よって副作用や他の医薬品・食品・サプリメントとの併用など注意事項がありますが可能なかぎり
 併用については記載しております。
・ハーブティーの詳細は、データベースハーブティー薬草データベース【Herb tea Database】を参照。
生活習慣病メダボリック〔Metabolic syndrome〕、デトックス〔Detox〕、アンチエイジング〔Anti-Aging〕、
 など多くの症状についてもメディカルハーブで改善できるものが多く有ります。補完医療としての
 メディカルハーブは、更に重要となって来るでしょう。
ハーブティーは、病気予防に最適です
・ハーブティー〔Herbal tea〕の使い方を知っていればほとんどの病気に対処できると言われています。
 ハーブは自然治癒の改善が本来の働きですから病気に罹ってからではなく、予防として活用するのが
 最適な方法でしょう。
・メディカルハーブ〔Medical herb〕の基本的な考え方は、自分の健康は自分で守ること、
 その為にハーブを上手に活用しましょう。
 現代人に多いストレスに、ハーブティーの香りや色で暮らしに安らぎや癒しを演出して、精神的に
 安定した生活を楽しみましょう。
・欧米では、古くから特に女性の美容と健康にメディカルハーブが利用されて来た歴史が有ります。
 今でもハーブや薬草が多くの美容化粧品の成分に含まれていて多くの女性の美容と健康に貢献しています。

食生活を楽しくく過ごす為に スポンサーリンク
逆流性食道炎・・・胃内容が食道内に逆流し、食道粘膜が傷害
過敏性腸症候群(・・・便秘や下痢など便通異常を伴う腹部症状
おなら・・・食事中に、無意識に飲み込む空気です
リウマチ・・・少しずつ軟骨・骨が壊れていく病気
うす毛・・・髪が細くなり頭髪全体が薄くなること
口内炎・・・口の粘膜に生じる炎症の総称
歯周病・・・歯のまわりにある組織に起こる疾患の総称

残留農薬
・ハーブの残留農薬の対策は、ポジティブリスト制度〔Positive List System〕を実施している
 輸入業者を使用。
 ポジティブリスト制度〔平成18年5月29日〕を実施する前から農薬検査は行っておりました。
 世界各地から輸入されておりますハーブ〔Herb〕の検査は厳しく行います。
病名・症状
・ハーブティー〔Herbal tea〕の効能や効果は薬事法などの法律に抵触するため記載出来ないのですが、
 副作用や医薬品との併用の注意などの説明のため必要な病名や症状など記載している場合が有ります。
画像資料
・薬草やハーブティー〔Herb tea〕・漢方・メディカルハーブ〔Medical herb〕の各種類の原料植物の、
 写真を掲載し説明している。
 創業以来蓄積した資料を多くのお客様に知っていただき、ハーブティーの正しい知識と考え方で
 楽しんで頂きたいと思っております。
生育画像
・ハーブの加工した状態とハーブティー〔Herb tea〕の入れ方・色や水色・味について、写真などで
 解り易く多種類を紹介。
 事務所屋上にて苗から栽培し写真を撮っております。ハーブのほとんどの写真が店主が撮影した画像です。
医薬品などとの併用
・サプリメントや医薬品とハーブティー〔Herb tea〕の併用についての注意事項をなるべく解り易く説明。
 ハーブは単なる食品ではないので、医薬品との併用や副作用、食品との関係など細かな
 注意事項があります。ハーブティーについての疑問やご質問は、百華茶苑にいつでもご相談下さい。
店舗(卸事務所)
・店舗(卸事務所)では、ハーブ〔Herb〕の小売も行っておりますのでお近くの方は、お立ち寄り下さい。
 イベントや催事が少なくなりましたので、直接お客様とお話する機会が減少しております。
 是非お近くにお越しの時はお寄り下さい。
イベント
・福岡市と北九州市のイベントに参加して、多くの方にハーブティー〔Herbal tea〕のPR活動を
 行っています。多くのイベントを行っておりましたが今後は、少なくなる可能性が高いです。
 お客様には、DMやネットでハーブの各種情報をお知らせいたします。
ご質問・ご相談について
・多くのお客様からお医者様から処方されている薬と一緒にハーブティー〔Herbal tea〕を飲んで
 良いのかとのお問い合わせが有ります。
 百華茶苑はハーブティー薬草データベース【Herb tea Database】を作成して病状、症状別の分類や
 副作用、医薬品との併用注意の資料がありますのでハーブティーに関する疑問やご質問など
 お気軽にご相談下さい。
・欧米では、 Medical herb〔メディカルハーブ〕は、【植物療法】とも言われ資格者が処方している
 ハーブもあります。
・日本ではハーブティーですが諸外国では、医薬品として使用されているものもあり間違った飲用を
 しないようご指導いたします。

著者のブログの紹介
薪ストーブの苦楽 薪ストーブ生活の良さ、楽しさ更に大変なところなど紹介
半坪菜園 畳一枚分(半坪)の大きなプランターのような畑を作り栽培している
年輪・木目の木工 廃棄される樹木の年輪・木目を活かした木工
ハーブ・薬草とは オリジナル画像を使用してわかりやすくまとめたブログ
著作者の木工作品を委託販売しているサイト
  Creema   iichi   minne   tetote

ハーブティー専門店【百華茶苑】 目的別商品〔ハーブ、薬草〕
ダイエット 女性・妊婦 ストレス アレルギー 冷え性 耳鼻・咽喉 血 圧
糖 尿 男 性 目〔老化〕 歯・口腔衛生 感染防止 オリジナル ペット用

ハーブティー専門店【百華茶苑】 オリジナルブレンド〔ハーブ、薬草〕
A-1(ダイエット) A-2(美 肌) A-3(アレルギー) A-4(病気予防) A-5(糖 尿)
B-1(血 圧) B-2(不 眠) B-3(女性ホルモン) B-4(眼精疲労) B-5(蓄膿・歯周病)

ハーブを調べるには、役立つ索引です
 名 称 索 引 ・英 名 索 引 ・学 名 索 引 ・用 語 集
 ハーブ栽培記録・・・・・ガーデニングで栽培し育てた記録の一覧表。

百華茶苑の蓄積した資料  ハーブティー薬草データベースハーブティー薬草データベース

ハーブティー専門店【百華茶苑】福岡県春日市
Copynghted (c) 2005 Hyakka-Saen.Co.Ltd All Rights Reserved